ExcelでCSVファイルを開くと0が消える

ふつうにExcelでCSVファイルを開くとセルの値の冒頭の「0」が消えてしまいます。

たとえばCSVファイルのセルの値が「0012」のとき、Excelで開くとセルの値が「12」になってしまいます。

「0」が消えないようにするには、次の方法があります。

  1. Excelのテキストファイルウィザードを使用する方法
  2. Excel CSV Importerを使用する方法

(1) Excelのテキストファイルウィザードを使用する方法

Excelのバージョンによって操作方法が異なります。

  • Microsoft Office Excel 2007

    マイクロソフトのページに詳しい手順が掲載されています。

    テキスト ファイル ウィザード

  • Microsoft Office Excel 2003

    1. Excelを起動します。

    2. メニューの[データ]-[外部データの取り込み]-[データの取り込み]を選択します。
      →[データファイルの選択]ダイアログが表示されます。

    3. [ファイルの種類]で[すべてのファイル]または[すべてのデータソース]を選択します。

    4. CSVファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 1/3]ダイアログが表示されます。

    5. [元のデータの形式]で[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択し、[次へ]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 2/3]ダイアログが表示されます。

    6. [区切り文字]で[カンマ]をチェックします。[カンマ]以外はチェックを外します。
      [次へ]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 3/3]ダイアログが表示されます。

    7. 「0」が消える値のある列を選択して[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。
      複数の列があるときは、該当するすべての列を[文字列]に変更します。

    8. [完了]ボタンを押します。
      →[データの取り込み]ダイアログが表示されます。

    9. CSVファイルのデータを取り込むセルを選択し、[OK]ボタンを押します。

  • Microsoft Office Excel 2000

    1. Excelを起動します。

    2. メニューの[データ]-[外部データの取り込み]-[テキストファイルのインポート]を選択します。
      →[データファイルの選択]ダイアログが表示されます。

    3. [ファイルの種類]で[すべてのファイル]を選択します。

    4. CSVファイルを選択し、[インポート]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 1/3]ダイアログが表示されます。

    5. [元のデータの形式]で[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択し、[次へ]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 2/3]ダイアログが表示されます。

    6. [区切り文字]で[カンマ]をチェックします。[カンマ]以外はチェックを外します。
      [次へ]ボタンを押します。
      →[テキストファイルウィザード 3/3]ダイアログが表示されます。

    7. 「0」が消える値のある列を選択して[列のデータ形式]から[文字列]を選択します。
      複数の列があるときは、該当するすべての列を[文字列]に変更します。

    8. [完了]ボタンを押します。
      →[データの取り込み]ダイアログが表示されます。

    9. CSVファイルのデータを取り込むセルを選択し、[OK]ボタンを押します。

  • Microsoft Office Excel 97

    1. ファイルの拡張子をcsvからtxtに変更します。
      例)hoge.csv→hoge.txt

    2. Excelを起動します。

    3. メニューの[ファイル]-[開く]を選択します。
      →[ファイルを開く]ダイアログが表示されます。

    4. ファイルの種類で[テキストファイル(.prn;.txt;*.csv)]を選択します。

    5. 開くファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
      →テキストファイルウィザードが表示されます。

    6. [カンマやタブなどの区切り…]を選択し[次へ]ボタンを押します。

    7. 区切り文字で、[カンマ]にチェックを入れます。他の項目のチェックをはずします。

    8. データのプレビューで列を選択し、[列のデータ形式]で[文字列]を選択します。
      →列数だけ繰り返します。

    9. [完了]ボタンを押します。

(2) Excel CSV Importerを使用する方法

もしも、CSVファイルのデータをExcelファイルに追記するのであれば、Excel CSV Importerを使用することで簡単にできるようになります。

Excel CSV Importerは、ExcelのワークシートにCSVファイルのデータをインポートするソフトです。
Excelファイルの指定したワークシートのデータの最終行に、CSVファイルのデータを登録します。

Excel CSV ImporterはExcelファイルの列ごとのデータ型を自動認識して、適切なデータ型で登録します。
文字列の列には文字列としてデータを登録するため、セルの値の「0」が消えてしまうことはありません。

ExcelファイルにCSVデータを追記する場合は、Excel CSV Importerを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>