古いパソコンのOutlook Expressのメールを、新しいパソコンのWindows Live メールに取り込む方法

古いパソコンのOutlook Expressのメールを、新しいパソコンのWindows Live メールに取り込む方法を紹介します。

使用するソフト

まず、Mail Export Toolを使って、古いパソコンのOutlook Expressのメールを汎用的なデータ形式であるeml形式に変換します。

  1. Mail Export Toolを起動します。

  2. 「変換対象の追加」ボタンを押します。

  3. ファイルの形式から「(2)Outlook Express 5/6のDBXファイル」を選択します。

  4. 「参照」ボタンを押して、DBXファイルを選択します。

    DBXファイルのファイル名は、Outlook Expressのフォルダー名と同じです。

  5. 「OK」ボタンを押して、設定を登録します。

  6. 同じ作業を繰り返して、変換するDBXファイルをすべて選択します。

  7. 「読み込みエクスポート」ボタンを押します。

  8. 「保存フォルダ」の参照ボタンを押し、メールを保存するフォルダーを選択します。

  9. 複数のDBXファイルを変換するときは、「変換対象ごとにフォルダーを作成する」をチェックします。

  10. 「OK」ボタンをして、エクスポート処理を実行します。

以上で、Outlook Expressのメールがemlファイルに変換されました。

変換されたemlファイルを新しいパソコンに持って行きます。

変換したemlファイルをWindows Live メールに取り込みます。

  1. Outlook 2007がインストールされているパソコンに、Windows Live メールをインストールします。

    Windows Live メールのダウンロード

  2. Windows Live メールの保存フォルダーにemlファイルをドラッグアンドドロップして、メールをコピーします。

以上で、Outlook ExpressのメールをWindows Live メールに移行することができました。

コメント

  1. xpから7へメールの引っ越しをしようと思い、メールの保存されている場所は分かったので、これをコピーして7の方に入れてやれば…と思っていましたが、うまくいかないので、ネットであなたのページをみつけました。 さっそく、ためしてみます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>