楽天の受注メールをGmailから受信して、D2でCSVファイルに変換する方法

D2 メール自動データベース変換ソフ

楽天に出店されているお店の中に、Gmailを使用しているところも少なくありません。
そこでGmailを使用しているお店向けに、楽天の受注メールをGmailから受信して、D2でCSVファイルに変換する方法を紹介します。

D2 バージョン2.6.0からメール受信機能が追加され、D2だけで一連の作業を行うことができるようになりました。

Gmail以外のメールサーバーをご利用の場合は、メールサーバーの設定の部分をお使いのメールサーバーの設定に読み直してください。

(1)楽天受注メールのサンプルプロジェクトのダウンロード

  1. サンプルプロジェクト」のページから「楽天受注メールのサンプルプロジェクト」をダウンロードします。

  2. D2を起動します。

  3. ダウンロードした楽天受注メールのサンプルプロジェクトを開きます。

(2)メールサーバーの設定

  1. メニューの「メール受信」-「メールサーバーの設定」を選択し、メール受信設定画面を表示します。

  2. 「メールを受信する」をチェックし、メールサーバーの設定を入力します。

    Gmailの場合は以下のようになります。
    ここではrecentモードを使用しています。

    POP3サーバー:pop.gmail.com
    POP3S:チェックする
    ポート番号:995
    ユーザーID:recent:ユーザー名@gmail.com
    パスワード:パスワード
    保存場所:C:\メール\楽天受注メール ←任意のフォルダーを指定してください
    受信したメールをメールサーバーから削除する:チェックしない

    「接続テスト」ボタンを押し、メールサーバーに接続できることを確認します。

  3. 「OK」ボタンを押し、設定を登録します。

    「メールの処理方法をメール受信設定に合わせますか?」のダイアログが表示されたら、「はい」を選択します。

    「メールの場所」欄が自動的に設定されます。

  4. メニューから「メール受信」「メール受信」を選択して、メールを受信できることを確認します。

(3)CSVファイルの作成

メールを受信して解析し、CSVファイルに変換します。

  1. 「変換」ボタンを押し、変換処理を実行します。

  2. 「保存」ボタンを押します。

以上で、CSVファイルに保存できました。

(4)終了処理の設定

受信したメールをCSVファイルに変換した後、ごみ箱に移動するように設定します。
同じメールを何度も変換しないようにするための処置です。

  1. 「終了処理」タブを選択します。

    「変換処理を行ったメールを移動する」をチェックします。

    処理方法から「ごみ箱に移動する」を選択します。

(5)自動実行処理バッチファイルの作成

D2の起動→プロジェクトファイルの読み込み→メール受信→変換→CSVファイルに保存→D2の終了
の一連の作業を自動的に行う「自動実行処理バッチファイル」を作成します。

  1. メニューから「ファイル」-「プロジェクトの上書き保存」を選択して、プロジェクトを上書き保存します。

  2. メニューの「設定」-「自動実行処理バッチファイルの作成」を選択します。

    「プロジェクトファイルの場所」欄には、使用中のプロジェクトファイルの場所が入力されています。

  3. 「次へ」ボタンを押します。

  4. 保存するCSVファイルのファイル名の「参照」ボタンを押し、CSVファイルの保存場所を指定します。

  5. 必要に応じて、文字コード・保存条件・バックアップの設定を行います。

  6. 「作成」ボタンを押し、自動実行処理バッチファイルを作成します。

作成した自動実行処理バッチファイルを実行すると、Gmailからメールを受信して解析し、CSVファイルを作成します。

コメント

  1. Pingback: 楽天の受注メールをGmailからmailOneで受信して、D2でCSVファイルに変換する方法 | 株式会社ヤマモトタカシのブログ

  2. Pingback: 楽天受注メールをD2で変換したCSVファイルに、商品番号の列を追加する方法 | 株式会社ヤマモトタカシのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です